がんの先進治療ってどんなのがあるの?がんの先進治療3選

放射線療法の先端治療!重粒子線・光子線治療って!?

がんの代表的な治療方法のひとつに放射線療法がありますが、がんの先端治療の現状はどうなっているのでしょうか?先端治療で行われている放射線治療には重粒子線・光子線治療があります。従来の放射線療法はエックス線やガンマ線といった光子線を用いていましたが、重粒子線・光子線治療では粒子線を用いられています。光子線を用いた治療の場合はがん細胞を破壊した後も正常の細胞を破壊しつつ身体を通り抜けていたため患者の負担が重大でした、一方で粒子線の場合はがん細胞の部分を破壊してその周辺で停止させる事ができるので、患者の身体への負担を大幅に減らした治療が可能です。

副作用が軽減!?抗がん剤治療の最先端って?

がんの先端治療では抗がん剤治療についてはどうなっているのでしょうか?先端治療では、分子標的薬というがん細胞をダイレクトにとらえ標的にして効率よく作用する薬です。がん細胞を狙って作用しているため、正常な細胞への影響が少なく副作用が少ないため、骨髄抑制や抜け毛といった副作用が起こりにくいといったメリットがあります。現在新たに開発されている抗がん剤のほとんどはこの分子標的薬の為、今後のがん治療の中核を担っていくといっても過言ではないでしょう。

ロボットアームが手術!?がんの先端治療の手術って?

がん治療の三代療法の1つには手術療法がありますが先端治療ではどうなっているのでしょうか?最先端の手術療法では手術支援ロボットを用いて、手術が行われます。極めて高い質の治療を均一化する事を目的に作られており、手術の際の医療事故のリスクを大幅に減らす事が可能です。また、人の手では非常に困難な微細な手術を行う事ができるため、少ない出血量で患者の身体への負担を減らす事ができます。さらに、手術後の感染症のリスクも低くなるため、安全な医療を受ける事ができます。

がん先端治療をしている病院は多く存在しているので、効率よくがん治療を行う事ができるので便利な時代になっています。